洗髪はシャンプーで洗う前からが大切

髪はシャンプー前からヘアケアが大切なんです。いきなり頭を洗う前に、ブラッシングをします。先が丸くなっているブラシがおすすめです。優しく髪をほぐすようにとかし、髪全体の汚れやもつれを取り除いておき、ブラシの先が頭皮の汚れを浮かせてくれます。

次にシャンプーには、 お湯でしっかり汚れを落とす湯洗いがポイントです。
ブラッシングで浮かせた頭皮の油汚れやほこりを、お湯でしっかり流しましょう。また、予洗いをしておくと 余分な汚れが落ち、シャンプーが泡立ちやすくなります。

シャンプーの手に取り泡立ててから髪の乗せて、シャンプーを滑らせて洗っていきます。泡で髪全体を包むように指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗います。髪を洗うというよりも頭皮を洗うことを意識してシャンプーをしていきましょう。

すすぎはしっかりとシャンプーの時間よりも長くすすぎましょう。地肌にシャンプー剤が残ると、フケやかゆみの原因になるので、シャンプーの泡をしっかり落とすことが重要。頭皮は優しく丁寧に、髪同士はこすらないように丁寧に洗い流すようにしましょう。襟足の洗い残しやすいので丁寧に流してください。

ドライヤーで仕上げる前に、タオルドライで水気を取ります。頭にタオルを巻いておくと水分を吸収しやすいですね。ただし、長い時間タオルを巻いたまま放置して自然乾燥はNGです。濡れたままだとキューティクルが開きっぱなしになって髪が傷んでしまう原因になりますし、雑菌が増える原因になります。そして、ドライヤーは、髪と言うよりも頭皮を中心に乾かしていきましょう。髪をもち上げながら頭皮を乾かしていくうちに根元も乾いていきます。髪が8割程度乾いたら冷風を髪に当てることでツヤが出ます。

ドライヤー後のヘアケアについては、髪は洗い流さないアウトバストリートメントや将来のために育毛剤を使って頭皮と髪のケアをするのも良いでしょう。