ニキビあとによる肌の赤みに悩んだ私が実践したスキンケア方法

私が悩んでいたのはニキビあとによる肌の赤みです。触り心地はボコボコやザラザラがあったわけではありませんでしたが、頬にファンデーションを厚塗りしないといけなく、またマスクでこすれて更に赤みが強くなることが悩みでした。
私が実践したスキンケア方法は、洗顔後にビタミンCが高配合で入っている導入美容液を塗布しそのご高濃度のビタミンA美容液を塗布することです。先にビタミンCを導入することでビタミンAの浸透度が高まり、ターンオーバーをはやめることができました。
私がビタミンC導入美容液塗布後に高濃度ビタミンAを塗ってターンオーバーをはやめるスキンケアを実践してどうだったかというと、ものの一ヶ月くらいでターンオーバーをはやめることに成功しニキビ跡を薄くすることができました。もともと濃度の低いビタミンAを私用しており耐性があったからか、ダウンタイムもほどんどなく過ごすことができました。
ビタミンC導入美容液塗布後に高濃度ビタミンAを塗ってターンオーバーをはやめるスキンケアをおすすめしたい人は、ビタミンAに耐性があり、しっかり保湿することができる人、紫外線対策が万全にできる人、ファンデーションを塗らなくても外に出ることに抵抗がない人です。
ニキビ跡は美容医療で治療していくことがベストではありますが、美容医療だけに頼るのではなく自分でも知識や経験があれば肌改善をすることができます。特に女性は、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEは肌管理には大切な成分かと思うのでこの点のスキンケアの取り込みを意識されると良いと思います。
【PR】
北海道で安くリフォームするときこの専門ページはとても参考になります。