ジオスゲニンの副作用は?

結果からいうと、ジオスゲニンを摂取しても副作用の心配はありません。
ジオスゲニンの副作用については、日本食品分析センターで実験済みでした。
ネズミに2,000㎎/㎏のジオスゲニンを26週間与えても、大きな副作用を発生することはなかったと報告されています。
しかし、副作用の危険がなくても、以下の2点に気を付ける必要があります。
過剰摂取
医薬品との併用
過剰摂取
ジオスゲニンは、過剰摂取しても副作用はあらわれません。
しかし、ジオスゲニンを増加させるDHEAは、過剰摂取によって大量に分泌されると以下のような症状があらわれます。
にきび
不整脈
倦怠感
吐き気
嘔吐
肝機能障害
DHEAを大量に分泌させると、前立腺がんや乳がんなど、ガンを進行させる危険があります。
更に、アレルギー反応として下痢などの症状が起こる場合があるので、事前に確認することも大切です。
サプリメントでジオスゲニンを摂取すると、慢性的な過剰摂取に陥りがちです。
ジオスゲニンに副作用はありませんが、上記のような症状があらわれたら、使用を中止してください。
副作用がないとはいえ、ジオスゲニンを摂取する際は、用法用量を守って服用することが大切なのです。
次は、医薬品の併用について解説していきます。
医薬品との併用
ジオスゲニンと医薬品を併用すると副作用があらわれたり、使用している薬効が強力・弱くなったりする恐れがあります。
薬を服用している方や通院をしている方は、ジオスゲニンを摂取する前にかかりつけの医師に相談しましょう。
[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]
ジオスゲニンは、「天然のプロゲステロン」と呼ばれ、男性ホルモンの分泌、筋力の増強など男性の強い味方です。
更に、認知力をアップさせ、男性の更年期障害を予防してくれます。
「もう年だから…」と諦めずに、男性としての魅力をアップさせましょう。