そっくりさんが沢山いたのだ

でも幼い頃からの親友が私を見間違えることはないシーンは間違いなく私だったと強い口調で言い貼った。
親友曰くその時も私はバスの中から寂しそうな表情をしてこちらを見ていたってこんな会話をしていてふと気づいたこと私以外がスローモーションになることが頻繁な時この私のそっくりさんの目撃情報も頻繁だと気づいたそして CA がブスの私を目撃した時間帯も私が自宅でスローモーションを感じていた時間帯と同じ夕方だった現在30代の私はいつのまにかこんな体験はしなくなってるけど箱もう10年はない一体何だったんだろう。
未だに不思議に思う白く霞がかかったスローモーションと私のそっくりさんかっこ分身何か繋がりがあるのかな体の中では実際にすごいスピードで細胞分裂とかしてるんじゃないのかな